空き家所有のリスク

  • 工作物責任
    適正な管理がされていない空き家では、周辺に外部不経済をもたらす状況が発生します。建物所有者には工作物責任が及ぶこととなり、自己に過失がなくても責任を負わなくてはなりません。
    (無過失責任)
  • 建物価値の低下
    建物は、定期的に清掃やメンテナンスを行わないと、劣化が進み建物の価値が下がります。
  • 第三者の占有、器物破損、盗難、放火
    誰も住んでいない空き家は、犯罪者に不正利用や不正占有を受けることがあります。また、落書きや盗難、放火等の被害が発生することがあります。特に空き家の火災は、発見が遅れることが多く隣家を巻き込んだ大火災になる危険があります。
  • 災害リスク
    地震や台風など、自然災害による建物損壊のリスクがあります。これらのリスクを低減するために保険等でカバーする必要があります。
  • 近隣苦情
    空き家に大量のゴミが捨てられると、悪臭が発生し景観も悪化します。また、朽ちかけた空き家があることにより、そのエリア一帯の資産価値が低下することがあります。
  • 税金(固定資産税)等
    不動産を所有することで、固定資産税等がかかります。「空き家対策特別措置法」が施工されたことにより、放置された空き家に対する指導が強化されたことに加え、「特定空き家等」に指定された場合、固定資産税等の優遇措置の撤廃といった税制改正が行われました。
  • 特定空き家とは?
    ・そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となる恐れのある状態。
    ・そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態。
    ・適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態。
    ・その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態。

営業時間:9:00-18:00
定休日:日・祝

事前にご連絡いただけましたら時間外対応可能です!
お気軽にご連絡くださいませ。

めだか不動産
徳島県板野郡上板町神宅
字堂床31-20
088-612-7045
不動産・賃貸のアットホーム